ジビエ専門サイト
近年、注目されつつあるジビエ(野生動物の肉など)に関する様々な疑問や利活用方法を独自に調べ掲載するジビエ専門サイトです。
ジビエ料理レシピ

【ジビエレシピ】子どもも大好き!鹿肉と野菜のミートソースパスタにチャレンジ

今回伝授する『ジビエレシピ』は、、、

こちら!

ミートソースパスタ

じゃーん!!!

今回は鹿肉と野菜をたっぷり使ったミートソーススパゲティをご紹介します。

ミートソースはとても簡単に作れるし、スパゲティーをはじめ、ご飯にかけても美味しく食べられます!

野菜嫌いな子どもでも喜んで食べてくれる料理になりますよ〜

鹿肉とお好きな野菜炒めて、トマト缶とコンソメでグツグツするだけ!

今回の必要な材料は鹿肉のミンチに人参・玉ねぎ・ズッキーニとトマト缶にコンソメの素です。

それでは早速レシピをみていきましょう!

鹿肉をミンチにする

今回はブロック肉からミンチにしていきます。

ミンチの機械が家にないって方も、問題なしです!(私も用意していなかったので、使わずにやってます。)

まずはブロック肉を薄切りにスライスし、千切りにして、包丁で叩くように細かく切っていきます。

逆に細かくミンチにしてしまうと、歯ごたえが少なくなるので、歯ごたえを残すよう少し大きめに切ってみました。

このぐらいになればOKです。

野菜をみじん切りに

鹿肉の準備が終わったら次は野菜の準備です。

今回は、玉ねぎ・人参・ズッキーニを使います。

それぞれをみじん切りにし、全部まとめておきましょう。細かさはお好みで調整してください。

あまり多いと水分が多くなりすぎたり、ソースが薄くなってしまうこともあるので、分量は調整が必要です。

今回は玉ねぎ1つ、人参が半分、ズッキーニ半分ほどを使いました!(結構たくさん入れても炒めたら少なくなるので大丈夫です。)

調理の手順

材料が準備できたところで、手順を説明していきます。

1.野菜を炒める

フライパンに油をひき、みじん切りにしておいた野菜を炒めていきます。

火は中火で焦げないように注意しながら、全体に火が通り素材がしんなりしてくるまで炒めましょう。

目安としては玉ねぎが飴色になるまで炒めると良いです。

焦らず焦げないよう丁寧に炒めることで野菜の旨味も増して美味しいミートソースができますよ。

2.炒めた野菜に鹿ミンチを投入!

炒め終わった野菜の中に、ミンチにした鹿肉を入れていきます。

火は中火のままで炒め、鹿肉の表面に色がついてくるまで炒めましょう。

この時、塩コショウ少々・コンソメの素を入れると味がまとまります。

3.トマト缶と水を入れ、煮る

野菜と鹿肉が炒め終わったら、トマト缶を入れます。

使用するトマト缶はホールトマト・カットトマトのどちらでも問題ありません。

ミートソースの場合はカットトマトの方が形が残りにくいのでいいかもしれません。

トマト缶を入れる際、味が濃くなりすぎるので水200mlを入れ忘れないようにしましょう。

トマト缶と水を入れたらあとは弱火でじっくり煮ていきます。

その際、焦げないように定期的にかき混ぜることを忘れないようにしましょう。

目安は、1時間程度煮込んで、野菜の形が見えなくなるまで煮込みます。

途中、水分がなくなりそうな場合は水を少し足してください。

このくらい、水分が飛んでドロドロの状態になったらミートソースの完成です。

最後に、パスタの上に乗せてパセリをかければ『鹿肉のミートソーススバゲティ』の完成です。

鹿肉はトマトとの相性も良く、鹿肉のクセが苦手な人にもオススメです!

ワインと一緒に食べるとより美味しく感じると思いますよ。

材料:4人前

食材分量
鹿肉400グラム
玉ねぎ1玉
人参半分
ズッキーニ半分
少々
コンソメの素一欠片
トマト缶1缶
200ml
塩コショウ少々
パセリ少々

鹿肉の購入方法

今回、私が使用したのは山で獲れた天然の鹿肉です。

が、一般の方はスーパーなどで手に入らないことも多いと思いますので、通販がオススメですよ!

部位によって、値段は様々ですが、初心者の方はまず、モモ肉からチャレンジしてみてください!

また、鹿肉は赤身が多く、脂質がとても少ないため、ダイエットなどをしている方にはとてもオススメです。

まとめ

今回は鹿肉のミートソースを紹介してみました。

ミートソースは日本人には馴染みの料理だと思います。

鹿肉をもらったけど、子供でも食べやすい料理がないかなぁという時などには、ぜひ鹿肉のミートソース、チャレンジしてみてください!

では、次回のジビエレシピをお楽しみに〜

ABOUT ME
ジビエーる 編集部
ジビエーる 編集部
人間が生まれ、生きてきたと同じぐらい長い歴史ある文化であるジビエ。時代に合わせて、その形は刻々と変化してきました。そんな文化に光を当てるため、ジビエ専門サイト『ジビエーる』を立ち上げ、様々な観点からジビエについて考えたいと思います!