ジビエ専門サイト
近年、注目されつつあるジビエ(野生動物の肉など)に関する様々な疑問や利活用方法を独自に調べ掲載するジビエ専門サイトです。
ジビエ料理レシピ

【ジビエレシピ】めっちゃ簡単!超ヘルシーな鹿の生姜焼きを作ってみた

今回伝授する『ジビエレシピ』は、、、

こちら!

鹿の生姜焼き

じゃーん!!!鹿の生姜焼きです。

実は、鹿肉と生姜は相性バッチリなんですよ〜!

必要な材料は、玉ねぎ・鹿肉・生姜と調味料だけ!

今回必要な材料は鹿肉のスライスに玉ねぎ・生姜・醤油・みりんと超簡単!

生姜や醤油・みりんがない場合は市販の生姜焼きのたれを使っても問題ありません。

では、まず材料の下ごしらえです。

鹿肉をスライス

今回の鹿肉はブロック肉からスライスしたものを使います。

ブロック肉をスライスする場合は、半解凍させてスライスすると薄く切りやすいのでいいでしょう。

鹿肉は焼く場合、太く切りすぎると、硬くて食べづらくなるので、注意です!

基本的に市販で購入する際も、鹿肉はブロックで売っていることが多いので、焼き物の際は、完全解凍しないことを覚えておいてください。

野菜を準備

鹿肉次は野菜です。

まずは、玉ねぎを5mmほどの厚さでスライス。

そして、生姜を1かけをすりおろします(量はお好みで調整。)

すりおろした生姜のうち半分ほどを醤油(大さじ2)・みりん(大さじ1)につけておきましょう。生姜入りのタレを作っておくとタレにも生姜の風味がするのでおすすめです。

調理の手順

材料が準備できたところで、手順を説明していきます。

1.玉ねぎを炒める

最初は中火に設定をしてフライパンに油をひき加熱していきます。フライパンが温まったところで玉ねぎを投入。この時に先ほどすった生姜も一緒に入れて炒めると、生姜の風味が全体にします。玉ねぎが焦げないように炒めましょう。

2.玉ねぎが飴色になったら、スライスした鹿肉をフライパンへ

玉ねぎが飴色になったと頃で鹿肉を入れます。この時は表面から肉汁が出ないように強火で炒めるようにしてください。また、焦げないように注意が必要です。鹿肉は十分加熱をしましょう。

3.たれを多めで焼くと中まで火が通る

強火で鹿肉の表面に焦げ目がついたら中火にします。また、生焼けを防止するため、生姜焼きのたれを多めに入れて焼くことで蒸し焼きとなり、確実に中まで火を入れることができます。

ただ、焼き過ぎると硬くなるので手早く調理することを意識してください。生姜焼きのタレが鹿肉と玉ねぎにしみこんだら完成です。

千切りキャベツを添えてみたら、色合いよく野菜も多めに取れます。

材料:一人前

食材
分量
鹿肉150グラム
玉ねぎ半分
しょうが1かけ
醤油大さじ2
みりん大さじ1
キャベツお好み

生姜で鹿肉の臭みがあっても気にならない!

野生の鹿肉は個体によっては臭みが若干あるものもあります。

が、生姜焼きの場合は、生姜の香りがその臭みを和らげてくれるので『ちょっと獣臭い感じが苦手』という方は試してみてください。

とても簡単で、時短メニューとしてバッチリですよ!

鹿肉の購入方法

今回、私が使用したのは山で獲れた天然の鹿肉です。

が、一般の方はスーパーなどで手に入らないことも多いと思いますので、通販がオススメですよ!

部位によって、値段は様々ですが、初心者の方はまず、モモ肉からチャレンジしてみてください!

また、鹿肉は赤身が多く、脂質がとても少ないため、ダイエットなどをしている方にはとてもオススメです。

まとめ

今回は鹿肉の生姜焼きをしました。

調理中のポイントは鹿肉を入れる瞬間は強火で炒め、表面に焦げ目が着いたら火を弱め中まで確実に加熱することです。ただし、加熱しすぎは鹿肉が硬くなってしまいますので、短時間で調理をしてくださいね。

鹿肉の生姜焼きは鹿肉を手に入れれば調理時間は10分ほどで簡単に作れます!

ぜひ、皆さんもチャレンジしてみてください。

では、次回のジビエレシピをお楽しみに〜

ABOUT ME
ジビエーる 編集部
ジビエーる 編集部
人間が生まれ、生きてきたと同じぐらい長い歴史ある文化であるジビエ。時代に合わせて、その形は刻々と変化してきました。そんな文化に光を当てるため、ジビエ専門サイト『ジビエーる』を立ち上げ、様々な観点からジビエについて考えたいと思います!