ジビエ専門サイト
近年、注目されつつあるジビエ(野生動物の肉など)に関する様々な疑問や利活用方法を独自に調べ掲載するジビエ専門サイトです。
その他

ジビエの生食はペットにも危険!?生食のリスクを5つにまとめてみた

こんにちは!あかりんご(@akaringo252588)です!

「犬は生肉でも平気で食べられる」と思っていませんか?

実は、生食には少なくとも、リスクがあるんです。

そこで今回は、ジビエペットフードの生食に関わるリスクと、安全な与え方についてご紹介します。

ペットに生肉を与えるリスク5選

近年、ジビエペットフードが流行しています。

ジビエとは野生動物のお肉のこと。

国内ではジビエとして鹿やイノシシの肉や骨、角を使ったペットフードが流通しています。

ですが、中には生食用として販売されている生肉もあるのです。

こういった生肉をペットに与えることは、リスクが伴います。

今回は、ペットにジビエ生肉を与える時のリスクについて5つにまとめました。

①犬もE型肝炎ウイルスに感染

E型肝炎ウイルスは、E型肝炎という急性肝炎を引き起こすウイルスです。

このウイルスは野生のイノシシや鹿だけでなく、家畜の豚も持っています。

人間にもかかる病気で、劇症化すると死に至ることもある病気です。

このE型肝炎ウイルスは、犬にも感染することが分かっています。

感染しただけで、E型肝炎を発症しない場合もありますが、病気が起こらないことの証拠はありません。

②寄生虫である肝蛭

肝蛭(かんてつ)とは、イノシシや鹿だけでなく犬や人など、ほとんどの哺乳類に寄生する吸虫です。

名前の通り、肝蛭は肝臓に寄生します。

ジビエの肝臓を生で食べたために感染した人の中には、死亡した事例もあります。

犬に対しての影響はまだ明らかになっていませんが、このような寄生虫は高い確率で発見されます。

肝臓だけでなく肉にも付着している可能性があるので、肝臓以外の部分にも注意が必要です。

③住肉胞子虫

こちらも肝蛭と同様に、寄生虫の一種です。

これは筋肉内に寄生する寄生虫の一種で、これも人や犬に感染します。

症状は比較的景勝で終わると言われていますが、食中毒事例の件数が少ないため、はっきりとは分かっていません。

④オーエスキー病

特にイノシシ肉で注意するべき感染症です。

オーエスキー病とはイノシシ肉に含まれている可能性があるオーエスキー病ウイルスによって引き起こされる病気です。

豚やイノシシ以外には感染しにくいものの、感染すると100%死に至ります

⑤サルモネラ・カンピロバクター

注目するべきは、犬の感染症だけではありません。

サルモネラやカンピロバクターは、犬には影響ありませんが人間に感染する食中毒菌です。

嘔吐や下痢などを引き起こす食中毒菌で、乳幼児や高齢者など抵抗力の弱い方は重症化する危険があります。

与えたその時は注意していても、生肉を与えたペットがどこへ触ったのかまでは管理ができません。

知らず知らずのうちに手や顔に菌が付着し、感染する可能性もあります。

気をつけていたのに食中毒になってしまった…ということも、ないとは言い切れないのです。

あかりんご

生肉をペットに与えることは、ペットだけでなく飼い主にもリスクがあるのですね…。

ジビエペットフードの与え方

それでは、安全にジビエ肉を与えるためにはどうすればいいのでしょう?

結論から言うと、加熱です。

これまでの説明の通り、ジビエの生食には様々なリスクがあります。

これはジビエ肉に限ったことではなく、鶏肉や牛肉など全てのお肉に対して言えることです。

ですが、加熱さえきちんと行えば、安全に食べることができます。

加熱の方法と目安

加熱の方法は、焼いたり電子レンジで温める方法があります。

この時の目安は、中心温度です。

厚生労働省によると、食中毒を防止するためには中心温度が75度以上の状態で1分間以上加熱することが推奨されています。

これが満たせる調理法を選び、確実に加熱するようにしましょう。

また、加熱後は時間をあけずすぐに与えましょう。

あかりんご

肉を扱う時は、常温で放置せず、こまめに手洗いを心がけましょう!

生で与える場合はリスクを理解の上で

どうしても生で与えたい場合は、出荷元の確認をしっかり取っておきましょう。

出荷元には大きく分けて2種類があります。

  1. ジビエ食肉加工施設を通しているもの
  2. ジビエ食肉加工施設を通していないもの

生で与える場合、①ジビエ食肉加工施設を通しているものをオススメします。

ジビエ食肉加工施設を通しているものは、寄生虫や病気の検査がされているからです。

ですが生食のリスクが0になる訳ではありません。

生肉を与える場合はそういったことも理解して行いましょう。

ペットへ生肉を与えることはリスクの方が大きい

ペットに生肉を与えることを良しとする記事も出ているのですが、大切なペットのため、そして何より飼い主さん自身のためにも、生食はおすすめできません。

メリットとリスクを比較すると、リスクの方が大きいというのが私の見解です。

ジビエペットフードの人気が高まっている今こそ、生食のリスクを見直すきっかけになればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
あかりんご
神戸大学農学部4回生。休学中。大学から畜産の勉強を始めるも、畜産の諸問題に直面し、日本で持続可能な「かっこいいお肉」を探し求め、鹿肉に出会う。日本の森で生まれ育った鹿を「和鹿」と名付け、鹿肉の利用率100%を目指し奮闘中。和鹿推進サークル み じ か 代表。